« 第13回立川ボードゲームテスプ会InカードショップサトPin 目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ | トップページ | C103新作情報 »

第14回立川ボードゲームテスプ会InカードショップサトPin WQ協力型ゲーム(仮)をプレイした結果のメモ

第14回立川ボードゲームテスプ会特別編ゲムマ新作PR会InカードショップサトPin

最初に謝っておきます。写真のコンポーネントは別のゲームです。テストプレイ用コンポーネントが遠目に見てもなんもわからん字だけモノクロミニカードだったので、ウィッチクエストボードゲーム(前作)のを並べて写真に撮ってもらいました。(てへぺろ


今回プレイしたのは完全新規作品。タイトルは現時点では未定。ウィッチクエスト協力型ゲーム(仮)となってます。
ルールとかはパイロット版でプレイ中にもいろいろ変更が加わりましたが、その後もらった感想とか合わせて以下のルールにしようかと思ってます

0.事前準備として、人物カード、行動カード、ストラクチャーカード、物カードを各5枚ずつオープンして場に並べる
 難易度カードはプレイ人数と同じ数になるように調整する(どのカードを抜くかは人数毎に決めておく)

1.ターンプレイヤーは場に出た人物カード、行動カード、ストラクチャーカードの中から各1枚ずつ組み合わせて「クエスト」を作る
2.ターンプレイヤーの左隣のプレイヤーは物カードを一つ選んで、クエストを解決する魔法を考える。
3.魔法を考えたプレイヤー以外が、その内容聞いて「この魔法でクエストを解決する難易度」を手札の難易度カードから一つ選んで裏向きに提示する。
4.全員分の難易度カードがでそろったら、出された難易度カードをオープンして、それぞれの難易度の枚数を確認。もっとも数の多かったものがその魔法の難易度として採用される。難易度が採用されたプレイヤーは猫ポイントトークンを一つ得る
 最大数の難易度カードが複数種類合った場合、ターンプレイヤー(クエスト出題者)の提示した難易度を採用する。この場合、猫ポイントトークンは得られない
5.難易度に従ってウィッチクエストの「魔女の魔法」の判定を行う。(D6×D6の下方ロール)
 猫ポイントトークンを消費して目標値を上昇させることが出来る。上昇する目標値はトークン1つに付き1D6
 魔法が成功した場合、そのクエストは解決となり、使ったカードをひとつにまとめて解決したプレイヤーが得る
 失敗した場合、失敗クエストとしてストックされる
 採用不採用にかかわらず、使用した難易度カードは脇に避けて、次のプレイヤーの魔法難易度判定には使用できない。
6.クエスト解決を試みたプレイヤーがターンプレイヤーとなり、1~5を繰り返す

7.ターンプレイヤーが一巡したら、難易度カードを補充して最初のターンプレイヤーの左隣のプレイヤーがターンプレイヤーとなってゲームを続行する

8.失敗限度数までに規定数クエストが成功したらシナリオクリア、クエスト失敗回数が超過したらシナリオ失敗

・コンポーネント

人物カード(30枚)
行動カード(30枚)
物カード(30枚)
ストラクチャーカード(ウィッチクエスト2or再編集版のものをそのまま使う)
難易度カード(6種×5人分)

・背景ストーリーとか
魔女は町の人たちと仲良くなりたいと思っています。
困っている町の人々を魔法で助けて仲良くなろう

・ゲームの狙いとか
 このゲームは、ウィッチクエストのGMレスのランダムシナリオが出来ないかという所に着想を得たものです。
 なので、魔法の判定ルールは多少簡略化されてますが、ウィッチクエストの魔女の魔法ルールと同じです。
 行動カードは、半分以上がストラクチャーカードのランダム遭遇表から汎用性の高そうなのをチョイスしています

 

|

« 第13回立川ボードゲームテスプ会InカードショップサトPin 目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ | トップページ | C103新作情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第13回立川ボードゲームテスプ会InカードショップサトPin 目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ | トップページ | C103新作情報 »