« 第10回 立川ボードゲームテストプレイ会InカードショップサトPinで目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ | トップページ | C102向け新刊告知「シティアドベンチャーがとっても楽になる本」 »

第11回 立川ボードゲームテストプレイ会InカードショップサトPinで目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ

《レポート》第11回立川ボドゲテスプ会《ボドゲ紹介》

 

 

今回は初参加3名さんで、インストプレイはなしで自分はサポートに回るだけでした。
ルール的な変更要素は以下
・イベントカードを導入して、毎ターン何らかの加速要素が出るようにした
・1ターンの行動回数を絞るために売上表を下方修正
・レジュメの整理

結果はと言うと、ほとんど何も出来ないまま時間切れでした。

出た意見の中でこれはやっておいた方がというのは、初期配置の手番の厳格化かな。初期配置はかぶらないようにウェーバー式で置いていくでいいかな。

時間を食った要因は9割以上が初プレイの人がどの配置、行動が最良かで悩むというところ。
シミュレーション系で重めのゲームなのでしょうがない部分があるんですが、初プレイではどうすれば勝ちにつながるのかがわからないのでどうしても手が止まってしまう。プレイヤーのタイプにもよるんだけど、初期配置の時点で相当手間取った。

このゲームの勝利点要素は
・メニューの拡充
・設備の増強
・社員の増強
が最初に見えているわけですが、実はそれ以外に重要な要素があって、それが
・営業カードの効果
これが初プレイだと多分見えない。
営業カードでメニューに使える食材を増やしたり、クラウドファンディングで強制借金して初期ブーストしたり、コラボイベント集めたり、中盤以降に効いてくるカードが多数ある。
初見プレイでスタート前にこの辺を全部把握しろというのは無理だし、かといって営業カードがないと戦略の幅が激減してしまうのでここを削るのはおそらく悪手だろうなぁ。
今回、誰も営業カードの購入をしなかったので、そこは何かてこ入れした方がよさそう。

営業カードが購入されることがなかったので、ここはなんかてこ入れした方が良い気がする。
ちょっとルールがややこしくなっちゃうけど、条件次第で営業カードを複数購入できることにするか。営業力が高い社員は複数枚のカードを1度に獲得できても良いな。そうすると、必要営業力-1のイベントでコスト1の営業カードを一気にとれるようになって回転しやすくなる。
コスト1の営業カードはコラボ(一般)以外は費用の問題やらリスクありで乱獲が難しいからバランスブレイカーにはならないだろう。

あと、残業代支払いは個別の経営行動とするのはやめよう。残業代支払いでワンクッション置くと、狙ってたカードが取られるリスクとか出てきて動きが止まってしまう。個別行動として切りだした方が分かりやすいかと思ったけど、プレイしてみた感じそういうわけでもなかった。

時短オプションは1ターンプレイした後に獲得できそうな社員設備営業カードのセットを作って、その中から1枚選択するというのはどうかな。オプションの候補は以下かな。10枚あれば2枚ずつ配ってどっちか選択でいけるし、なんなら2枚とってさらに時短を試みるのもありか
店先行屋台優先/テナント、社員増強、バランス型、メニュー特化数/質、ブラック経営、借金加速、コラボ狙い、販売力特化

 

|

« 第10回 立川ボードゲームテストプレイ会InカードショップサトPinで目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ | トップページ | C102向け新刊告知「シティアドベンチャーがとっても楽になる本」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第10回 立川ボードゲームテストプレイ会InカードショップサトPinで目指せ外食王(仮)をプレイした結果のメモ | トップページ | C102向け新刊告知「シティアドベンチャーがとっても楽になる本」 »